岡山市北区O様邸 ブログ見学会 

岡山市北区の人気エリアに建つ築25年のマンションを購入された20代のご夫婦。
優しさあふれる素敵なご夫婦で、何度も現場に足を運んでくださいました。

築25年(当時)、2階角部屋です。間仕切り壁・天井・床・設備機器、すべて解体・撤去しました。

天井にお風呂や台所の排気を外に逃がすためのダクト、ガス管などがみえます。

マンションには必ず排水管が屋上から1階まで施工性や経済性を配慮しつつ、まっすぐつながっています。これはマンションによって本数・位置は変わってきます。この写真の排水管にはお風呂と洗面台の排水をつなぎます。
これらが部屋の中央(個室の中央など)にあると、間取りを考える上で邪魔になる場合があります。私たちはこの管を間取りの中に取り込み、完成したときにここに管が通っていることを思わせないよう工夫して設計しています。

キッチンの給水・給湯管。オレンジがお湯で水色が水です。

間仕切り壁の下地が出来上がったら、天井躯体表し部分の塗装(ホワイト)を施します。
お部屋の雰囲気が一気に変わり、明るくなりました。

天井躯体表しには、解体してから見えてくる“マンション施工当初のもの”が現れる場合があります。クロスによって隠していたものをリノベーションによってあらわしにし、“味”にする。リノベーションにしかできない面白さではないかと思います。
次は完成の様子をお伝えします。

オークの床材とレッドオークの式台。色と木目の優しさに癒され、木の香りに包み込まれる玄関です。

玄関土間から、ウォークインクローゼットへつながります。作業台を兼ねた収納棚。
作業台の下には無印良品のポリプロピレン衣類収納BOXを入れられるよう仕切りの位置を計画しています。

家事作業台にはレトロ調のガラスをはめ込んだ内窓を設けて、北側の窓からの柔らかな光を取り入れます。

廊下に面したオープンな洗面化粧台。
サンワカンパニーの洗面器と化粧鏡を採用しました。タイルは平田タイル「Caso(カーゾ)」

キッチンは、「無印良品」と「サンワカンパニー」コラボキッチンです。扉の面材が無印良品さんの家具と同材で、無印の家具を入れられる予定だったのでぴったりのキッチンでした。食洗機付きで機能性も文句ありません。背面のカウンター下に無印良品の収納家具を入れられるようにしています。

リビングの一角に設けた畳コーナーは高さ45cmと高めに計画。寝転がったときに、テレビが見やすいようにするためです。引出収納と、ルンバ基地付き。壁面には本をたくさん収納できる可動棚式の本棚も。あえて隠す収納ではなく見せる収納にしました。引越しされた後、訪問するとびっしり本が並べられていました。

O様、ありがとうございました。

この記事を書いた人
SPLUS