事例紹介

回遊する招きの住まい

岡山県岡山市中区原尾島 N様邸

カスタムメイド(オーダー)キッチン

シンプルに整えられた内観とスムーズな生活動線暮らしをデザインすることで日々の暮らしを快適に



▪️間取り:[以前]3LDK→[今]3LDK+ウォークスルークローゼット
▪️築年数:19年 
▪️広さ:77.9㎡
▪️家族構成:ご夫婦+お子様2人(男の子)
 

 

くるくる変わる暮らしの風景

LDKがパブリックゾーンだとするならば、寝室やキッズルームはプライベートゾーン。
ミニマムでありながらも、快適に過ごせるよう、収納や間仕切り扉など、適所に工夫が施されています。

朝はLDKから洗面室を通って身支度を整え、玄関へ。
生活動線上に収納スペースを設け、お出かけ前の支度がスムーズに出来る様に設計。

洗面室には、簡易の物干しスペースも!半乾きの衣類を一時的に避難させたり、干す準備をしたり。
あると便利なスペースです。

様々な仕掛けをさり気なくしかける

一見普通のカウンターですが、人造大理石のキッチンカウンターには鉄板が埋め込まれています。
お店で使うプロ仕様の鉄板。ゲストに料理を振舞ったり、家族のためにお父さんが焼きそばを焼いたり、焼肉をしたり。
想像しただけで、楽しそうです。

キッチンの収納上はルーバーから天井まで空けてあります。通気性も良くなりますが空けることで生まれる空間の軽やかさのためです。見せながらもダクトはなんとなく隠しています。

玄関から廊下にかけては視覚的な空間の広がりを出すため、全面ミラーの収納を。
靴は勿論、掃除機も収納できるサイズ感。ヘリンボーンの床が写り込んで、面白い風景を作り出しています。

ウィンドウトリートメントは、通常空間をより広く見せる為に窓枠よりも上に付けがちですが、N様邸はルーバーに干渉するためバランスを見て高さを考慮。
あえて上げず、横の広さを強調することで、空間に広がりを演出しました。
玄関横のカーテンは、軽やかな印象になるように上部に透け感のある素材を使い、2種類の生地で仕立てました。
今回は、ひだを2倍にすると重い印象になるので、1.5倍にし、生地の落ち感を美しく出しています。


 

リラックス出来る照明計画

キッチンや勉強スペースなど、作業する場とリラックスする場で照明計画に変化を持たせています。
間接照明の柔らかな明かりは、過敏になりがちな感覚を落ち着かせてくれます。

視覚の効果

細い廊下を通ってLDKへ。
路地のような場所を通る事で、LDKの広さがより感じられ、さらに窓の外には借景が。

操山の緑と青い空が広がります。

新たな習慣

今回は、バルコニーにウッドデッキも新設しました。
ウッドデッキが出来た事で、夫婦でお茶をしたり、家族で食事をしたりする機会が増えそうな予感です。